株式会社ビバハウス東松山でリフォーム実績No.1

リフォームお役立ち情報

Useful information

2018.07.01
ベランダをサンルームにリフォームする前に確認したいこと

ベランダをサンルームにリフォームする前に確認したいこと

 

ベランダが古くなったなどを理由に、ベランダのリフォームを検討中の方も多くいると思います。リフォームをするのであれば、できるだけ使い勝手のいいものにしたいことでしょう。
そんな方におすすめなのが、サンルームです。ベランダをサンルームにすることにはたくさんのメリットがあります。
ここでは、ベランダをリフォームでサンルームにすることのメリット、またその際の注意点などをご紹介します。

 

 

サンルームとは

 

サンルームとは、家からせり出した部分にガラスの天井や壁を設置し、日光をふんだんに取り入れることができる部屋のことを言います。自然光が入る明るい部屋になりますし、外観の見栄えもよくなるなど、機能面とデザイン面におけるメリットが多く、リフォームでベランダをサンルームにするという方が多いです。
使い勝手がよくない、古くなってきたベランダをリフォームするのであれば、サンルームにしてみるというのも、ひとつのアイデアかもしれません。

 

 

ベランダをサンルームにするメリット

 

サンルームにはたくさんのメリットがあります。

 

・天候にかかわらず洗濯が干せる
サンルームはガラス張りの天井と、壁に囲まれています。日光が遮られることなく入ってきますので、洗濯物を干すのにうってつけです。また、雨が降っている日や、風が強い日であっても問題なく洗濯を干すことができます。

 

・防犯性が高まる
ベランダをサンルームにすることで、開放されていた部分にガラス窓ができ、空き巣や泥棒などが家の中へ侵入しにくくなります。

 

・花粉症やPM2.5対策になる
通常のベランダの場合、洗濯物を干していると花粉やPM2.5などが付着してしまう可能性があります。せっかく洗濯したのにアレルギー源が付着してしまっては元も子もありませんよね。サンルームにすることでそのようなアレルギー源の付着を防ぐことができるようになります。

 

・子どもの遊び場になる
お子様がいる家庭であれば、サンルームが子どもたちの遊び部屋になります。ベランダでは、誤って落下してしまうなどの危険性がありますが、サンルームではそのリスクが大幅に減少します。

 

 

知っておきたいサンルームの注意点

 

たくさんのメリットがあるサンルームですが、ベランダをサンルームにするにあたって知っておきたい注意点があります。

 

・サンルーム内は気温が上がりやすい
子どもたちの遊び場にもなるサンルームですが、夏場などは気温が上がりやすいというデメリットがあります。ガラス部分に遮光シートや、遮光カーテンを貼るなどして、過度に日光が入ってこないよう注意しましょう。

 

・増築になることがある
ベランダは設備ですが、サンルームは「部屋」として扱われることがあります。増築という扱いになり、それに伴って固定資産税が増えることがありますので知っておきましょう。

 

・お手入れが大変
サンルームにすることで窓の数が増えます。サンルームは外から見たときにも目立つものですので、日頃からお手入れをすることが必要になりますが、窓掃除はなにかと手間がかかるものです。窓用のワイパーを準備するなど、掃除がしやすくなるようにしておきましょう。

 

知っておきたいサンルームの注意点

 

ベランダをサンルームにすることには、たくさんのメリットがあります。ベランダをリフォームしたいと考えている方は、ここで紹介した注意点などを意識したうえで、サンルームの導入を検討してみはいかがでしょうか。