株式会社ビバハウス東松山でリフォーム実績No.1

リフォームお役立ち情報

Useful information

2018.05.20
浴室の壁紙リフォーム! 壁紙におすすめの配色とは?

浴室の壁紙リフォーム! 壁紙におすすめの配色とは?

 

浴室は一日の身体の汚れや疲れをとる場所であり、できるだけリラックスした居心地の良い空間にすることが大切です。疲れがとれない、リラックスできないなど現在の浴室に満足できていない方は、浴室のリフォームを検討してみると良いかもしれません。
浴室の壁紙を好きな配色にリフォームすることで、浴室をリラックスした癒しの空間に変えることができます。今回は、浴室の壁紙をリフォームする際におすすめの配色をご紹介いたします。ぜひ、リフォームの参考にしてみてください。

 

 

浴室の壁紙におすすめの4つの配色

 

浴室の壁紙におすすめの配色を白系、パステルカラー、原色、ダーク系の4つに分けてご紹介いたします。色によって、浴室にもたらす効果が異なり、見た目の印象も大きく変えることができます。いずれも壁紙の色と浴槽、床材、窓枠など、色と全体のバランスを考えて選ぶと良いでしょう。

 

広く綺麗に見せる白系の壁紙

白系の壁紙は、浴室を広く綺麗に見せます。白は人気色であり、浴室の配色によく使用される色です。白の壁紙は、浴室の水アカなどの汚れが目立ちにくく、清潔感のある浴室にしてくれます。また、白は浴室を開放的にし、リラックス効果もあります。浴室を綺麗に保ちたい方や、広く開放的な雰囲気が好きな方におすすめの配色です。

 

なじみやすいパステルカラー壁紙

パステルカラーの壁紙は、淡い色が特徴で、濃い色ほど主張がなく、浴室になじみやすいです。汚れも目立ちにくく、失敗することなく浴室のイメージを変えてくれます。パステルカラーのピンクは、優しく、柔らかい色です。浴室をエレガントで安らぎのある空間にしたい方におすすめの配色です。グリーンやブルーは、植物や空を連想させる癒しの色です。浴室を爽やかな気持ちの良い空間にしたい方におすすめの配色です。イエローは、光や太陽を連想させる元気な色です。浴室を明るく開放的な空間にしたい方におすすめの配色です。

 

イメージを変える原色の壁紙

オレンジや赤などの原色の壁紙は、主張が強く、浴室のイメージを大きく変えることができます。部分的に使用することで、浴室のアクセントになり、目を惹きます。オレンジや赤は、明るく情熱的な色です。浴室を活気溢れる明るい空間にしたい方におすすめの配色です。

 

落ち着いた印象のダーク系の壁紙

黒、茶色、紫などのダーク系の壁紙は、浴室を落ち着いた、シックな印象にします。黒は、落ち着いた、引き締まって見える色です。浴室を高級感のある、かっこいい雰囲気にしたい方におすすめの配色です。茶色は、木や土を連想させ、温もりを感じさせてくれる色です。浴室を落ち着いた安らぎのある空間にしたい方におすすめの配色です。紫は、心と身体を回復させ、睡眠を促してくれる色です。浴室をゆっくりとした癒しの空間にしたい方におすすめの配色です。

 

 

浴室が明日への活力を作る

 

浴室が明日への活力を作る

 

壁紙の色を変えることで、浴室をより良い空間にすることができます。自分の理想とする浴室のイメージと合う色を選ぶと、リフォームが失敗のない満足の行くものになります。浴室が変わると、毎日の生活も変わります。浴室でゆっくり疲れをとり、一日をリセットすることで、明日への活力を蓄えることができます。次に迎える一日を活気溢れる一日にするためにも、浴室のリフォームを検討してみることをおすすめします。