株式会社ビバハウス東松山でリフォーム実績No.1

リフォームお役立ち情報

Useful information

2020.04.30
フローリングの張り替えをする時期の目安&費用の相場は?

フローリングの張り替えをする時期の目安&費用の相場は?

 

フローリングの床材は月日が経つにつれて反りや傷みなどが生じてきます。実際にはどのようなタイミングで張り替えをおこなえばよいのでしょうか?
「そろそろフローリングの張り替えを考えている」という方のために、フローリングの張り替え時期の目安やリフォームの方法、費用の相場などをご紹介します。

 

フローリングを張り替えるタイミングはいつ?

 

一般的にフローリングを張り替える時期は15~20年が目安だといわれています。
ただし、使っているうちにフローリングが反って浮いてきたり、傷や汚れ・きしみ・たゆみが目立ってきたりした場合は取り換えたほうがよいでしょう。

また、床を踏んだときにフワフワしたり、沈んだりする場合も早めに張り替えることが望ましいです。
もしこれを放っておくと、床材がますます傷んでしまい、ささくれや割れなどによってケガをする可能性があります。さらに、古い家の場合は穴が開いてしまうおそれも……。 こうなると生活にも大きな影響が出てしまいますので、早めにリフォーム依頼をすると安心ですね。

 

フローリングの張り替え方法とリフォーム費用

 

フローリングの張り替え方法には、大きく分けて「張り替え工法」と「重ね貼り工法」の2種類があります。
工法の違いや使用する床材によって値段が大きく異なりますので、ご家庭のリフォームプランに合わせて選びましょう。

 

張り替え工法

フローリングの床を一旦剥がし、新しい床材を施工するのが張り替え工法です。
一度すべての床材を剥がし、下地の状態を確認することでシロアリ被害を発見したり、床材の種類を変えたりできるメリットがあります。
ただし、床材を全て剥がしてから新しい床材を敷き詰めるため、工期は比較的長めです。
張り替え工法によるリフォーム費用の目安は、8帖のリビングで10万円から20万円、4帖のキッチンであれば7万円~14万円です。

 

重ね貼り工法

重ね貼り工法は、既存のフローリングの上から新しい床材を敷き詰める工法です。床材を剥がさずに施工ができるので安価かつ工期も短いのが大きなメリットです。

ただし、下地の状態を確認することはできませんので、床のきしみや沈みなどが原因でリフォームを考えているご家庭には向いていません。
また、他の部屋と段差ができることや、ドア枠の高さの調整なども考慮する必要があります。築年数が10年未満で、傷や汚れを理由に張り替えを希望している方にはよい方法だといえるでしょう。

ちなみに重ね貼り工法の費用の目安は、8帖リビングで8万円から18万円、4帖キッチンだと5万円から10万円程度です。

 

リフォームで美しいフローリングに変身させよう!

 

フローリングの張り替えをする時期の目安&費用の相場は?

 

フローリングの傷みは見た目が良くないだけではなく、思わぬ事故やケガにつながる恐れもあります。新築やフローリングのリフォームをしてから10年以上経っているご家庭は、一度リフォーム業者に状態をチェックしてもらうと安心です。

また、床材の色味を変えればお部屋の雰囲気も大きく変わりますし、洗面所やキッチンなどの水回りには、水に強い素材でできた床材を選ぶなどの工夫をすることで、使い勝手がよくなりますよ。
張り替えをする際にはリフォーム業者とよく相談し、床材や工法などの細かなプランを練るとよいでしょう。