株式会社ビバハウス東松山でリフォーム実績No.1

リフォームお役立ち情報

Useful information

2020.03.12
デッドスペースを有効活用! 階段下を有効活用するアイデア!

デッドスペースを有効活用! 階段下を有効活用するアイデア!


階段下はどうしてもデッドスペースになりやすい場所ですが、上手に使えばお家の使い勝手を良くしたり、ぐっとおしゃれに見せたりすることができます。
今回は、階段下を有効活用するためのリフォームのアイデアをご紹介します。


階段下を有効活用するアイデア


階段下のスペースをうまく活用すると、さまざまな空間を生み出すことができます。以下では、代表的なリフォーム例をご紹介します。


階段下に収納スペースを設ける

階段下の活用方法としてもっともポピュラーなのが、収納スペースを作ることです。
階段の下の空いている部分を全て収納スペースに変えると、背の高いものや大きなものなどもすっぽり納められるようになります。
もし階段の裏側(ステップ部分の反対側)に出入り口を作る場合は、奥行きが出るので、収納内の壁面に棚を取り付けると使いやすくなるでしょう。


階段下にトイレを作る

階段下の空いているスペースをトイレに作り替えるケースもよくみられます。
普通のトイレよりも天井は低くなりますが、トイレを増やすことができ、家族の多いご家庭はとても便利に感じるでしょう。


階段下を大きな本棚として使う

階段自体がコンパクトなサイズのご家庭や、本の多いご家庭におすすめなのが、階段下を本棚に作り替えるリフォームです。段差を利用して棚の高さを変えたり、手持ちの本に合わせて奥行きを調節したりすれば、本がぴったり収まります。
見た目にもスッキリしますし、お部屋の本棚を使わなくて済むようになるので、居室スペースを広く使うことができるでしょう。


階段下をおしゃれな空間にするのもおすすめ!


階段下は収納やトイレなどに変更するのもよいですが、その他にもたくさんの活用アイデアがあります。
中には、ちょっと変わったリフォームも……。「階段下のいい活用方法が思いつかない!」という方は参考にしてみてくださいね。


ミニ書斎コーナー

階段下にスペースを作り、照明やデスク、PCなどを置けば小さな書斎に変身します。秘密基地のような空間で、調べものや書き物もはかどりそうですね。


観葉植物や熱帯魚などのコーナー

階段下にリフォームで空間を作り、観葉植物や熱帯魚などのコーナーを設ける方も時折みられます。自分好みのディスプレイをすれば、お家の中に「癒しの空間」が完成しますよ。


アート作品の展示室として

階段下にスペースを作っておしゃれな壁紙に張り替え、棚を取り付ければ、絵や作品を飾るギャラリースペースに。お気に入りのインテリア雑貨や、お子さんが描いた絵などを飾るのも楽しそうですね。
家の中にこうしたアート空間があると、一気におしゃれさがアップしますよ。


TVを置いてシアターコーナーに

リビングと階段が近い間取りであれば、階段下にTVやスピーカーを置いてシアタースペースにするのもいいでしょう。スペースを有効活用しつつ、大迫力のサウンドで映画やドラマなどを楽しむことができます。 また、TVを階段下に入れ込むことで、リビングが広々と使えるというメリットもあります。


リフォームで階段下を有効活用しよう


デッドスペースを有効活用! 階段下を有効活用するアイデア!


階段下をリフォームすると、増築や改築よりも手軽に、新たなスペースを生み出すことができます。生まれたスペースは、皆さんのアイデア次第でさまざまな空間として有効活用できるでしょう。
今回ご紹介した活用例は、ほんの一部です。リフォーム会社の方の意見などを参考に、自分の家にぴったりのリフォームプランを考えてみてくださいね。