リフォーム

リフォームを計画しているのなら、ショールームを上手に活用しよう!

リフォームを計画しているのなら、ショールームを上手に活用しよう!

「リフォームをしたいけれど何から始めたらいいか分からない」
「建材の質感や使い心地を詳しく知りたい」
こういったお悩みを持っているのなら、建材や住宅設備のショールームへ足を運んでみるのがおすすめです。ショールームでさまざまな情報を得て、リフォームに上手に活用していきましょう。今回は、リフォームにあたってのショールームの上手な活用方法を紹介いたします。

住宅設備のショールームってどんなところ?

どんな設備や建材を取り入れるかによって、住宅リフォームの出来映えは大きく変わります。
カタログやインターネットを活用すればある程度の情報収集は可能です。しかし、実際に設備や建材を自分の目で確かめてみないと分からないことも多いため、ぜひショールームへ行ってみましょう。
ショールームでは、製品の特徴を確認したり、建材に実際に触れて質感を確かめたりすることができます。
アドバイザーから商品の詳しい説明を受けられるのも、ショールームへ赴くメリットといえるでしょう。

住宅設備の購入にはまとまったお金がかかるため、アドバイザーや工事業者は「じっくり検討し、納得した上で購入してほしい」と考えています。
ショールームに行ったからといって即座にセールスされることはほとんどないので、安心してショールームを活用してみてくださいね。

ショールームを上手に活用するためのコツ3つ

1. 使い心地を確かめよう

ショールームでは設備を見て回るだけでなく、実際に製品に触れて使ってみることが大切です。
例えばキッチンのリフォームならば、実際に調理をしているイメージで水道を触ったり引き出しを開けたりして、使いやすいかをチェックしましょう。
床暖房ならば、靴を脱いで温かさを確かめておきたいですね。

2. 写真やメモに残そう

せっかくショールームを見学しても、家に帰ると細かい部分を忘れてしまうこともあります。
ショールームで気になったものがあれば、写真を撮ったりメモに残したりしておくのも良いでしょう。
メジャーと筆記具を持参してショールームに行きさまざまなものをチェックすれば、家に帰ってから詳しく比較検討ができますよ。

3. アドバイザーにどんどん相談しよう

リフォームのプロにとことん話を聞けるというのも、ショールームへ行くメリットの1つといえます。
どんなことを相談したいかをあらかじめ考えておけば、役立つ話をたくさん聞けますね。
リフォームの希望だけでなく、メンテナンス方法やアフターサービスの有無、気になる予算のことなど、遠慮なくどんどん質問をして不安点を解消していきましょう。

ショールームを上手に活用するためのコツ3つ

最新の住宅設備が数多く展示されているショールームには、アミューズメント施設のような楽しさがあります。
まだまだ具体的なリフォームの計画を立てていないという方も、気軽にショールームへ行ってみましょう。
実際に製品に触ったり使用感を確かめたり、アドバイザーに疑問点を相談したりと、ショールームを上手に活用してみてくださいね。


  • f.light