リフォーム

自分で補修できる? 知っておきたい外壁コーキングの注意点

自分で補修できる? 知っておきたい外壁コーキングの注意点

サイディングやALCなどの目地を埋める「コーキング」は、築年数が経つにつれ劣化によるひび割れなどの問題が表面化しやすいものです。
コーキングの劣化が現れた場合、どのように対応すべきなのでしょうか。
知っておきたい外壁コーキングの注意点についてお伝えします。

外壁の「コーキング」とは

現在の一般的な住宅では、外壁にサイディングやALCなどのパネルやタイルが用いられることが多いです。
これらの目地として充填されるのが「コーキング」です。
コーキングは「隙間に詰め物をする」という意味を持つ言葉。
「密閉する」という意味の「シーリング」という言葉も、外壁補修において同様の意味で使われることが多いです。

外壁コーキングは劣化する

施工直後のコーキングにはしっかりとした弾力があり、外壁剤の目地を埋めるのはもちろん、外壁剤の収縮やズレを吸収し、外壁全体を調整してくれる働きがあります。
しかし、施工から5~10年後ぐらいから、劣化による弾力性の低下やひびわれ、はがれなどと言った問題が次第に目に見えて現れるようになるのです。
劣化したコーキングをそのまま放置しておくと、内部へ水分が入り込んで腐食するなど、住まいの寿命を縮めることになりかねません。
コーキングの劣化に気づいたら、早めに補修を行うことが大切なのです。

外壁コーキングの補修は自分でできる?

最近は、ホームセンターなどでコーキング剤を入手しやすいこともあって、DIYが得意な方などは、ご自身で外壁コーキングの補修をしてみようかなと考えられるかもしれません。
中には、キッチンや浴室、洗面所などの目地のコーキング補修をDIYでやったことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、外壁コーキングは、室内のコーキングと比べてかなり難しいです。
高所での作業もあり危険ですし、作業自体は問題なく終わったとしても、補修の失敗や不備があることも少なくありません。
せっかくコーキング補修作業を行っても、きちんと補修できていなければ住まいの寿命を長くするという本来の目的を達成できないというわけです。
また、とりあえず問題なくコーキング補修できたとしても、今後外壁塗装などを行う際には、コーキングもしなおすことになります。
その際にうまく撤去できないなどといった問題が生じる可能性があります。

屋根リフォームの工法3:葺き替え

外壁コーキングは、住まいの内部への水分の侵入を防ぎ、住まいを長持ちさせるために大切な役割を担っています。
劣化に気づいた場合は、DIYに自信のある方でも外壁コーキングの補修は専門業者に依頼することをおすすめします。


  • f.light