リフォーム

玄関ドアのリフォーム、選び方のポイントは?

玄関ドアのリフォーム、選び方のポイントは?

玄関は住宅の顔のようなもの。その家の第一印象を決定づけるものでもあります。
玄関がオシャレだと、家全体の印象も華やいでくれるものです。
住宅のリフォームをするのであれば、玄関ドアにもこだわりましょう。
ここでは、玄関ドアの種類と、選び方のポイントをご紹介します。

玄関ドアの種類

玄関ドアにはいろいろな種類があります。

・片開きドア
1枚のドアが、左右のどちらかの側辺を軸に開閉するタイプのものです。
いわゆるドアはこのタイプになります。
一般的なドアであるため、デザインも豊富で、袖付きといってドアの脇に採光用の窓を設置することなども可能です。
間口が小さく済むので、玄関スペースを広く取れない住宅の玄関におすすめです。

・両開きドア
左右対称の2枚のドアが並んでおり、その両方を開閉するタイプの玄関ドアです。
ドア2枚分の間口になりますので、大きな荷物を出し入れすることも容易にできます。
2枚のドアが入る分、間口を広めに確保する必要があります。

・親子ドア
ドアが大きいものと小さいものとの2つに分かれており、必要なときに両方とも開閉することができます。
(両方開けることで観音開きのようになります)。
普段使うドア(人が出入りするためのドア)が親で、大きな荷物を出し入れする際に開く小さなドアが子という考え方になり、親子ドアと呼ばれています。
片開きドアよりも間口を広くでき、両開きドアほど広い間口を必要としないタイプです。

・引き違い戸
引き戸と呼ばれるタイプのドアの中で、最もスタンダードなタイプです。
2枚の引き戸を左右にスライドさせることで開閉するもので、間口はドア2枚分必要になりますが、実際に開閉する部分はドア1枚分になります。
最近では「スライディングドア」と呼ばれ、洋風の住宅にも合うデザインのものが多く販売されています。

・片開き戸
引き戸の片開きタイプです。
1枚の引き戸を左右にスライドし、戸袋などに収納することでドアを開けます。
ドアを1枚しか使わないため、費用は引き違い戸と比べて安くなります。

玄関ドアの選び方

玄関ドアの選び方

玄関ドアは住宅の雰囲気に合ったものや見た目のオシャレさで選ぶことも重要ですが、機能性についても注意しなくてはいけません。
家族構成やライフスタイルと照らし合わせて選ぶといいでしょう。

例えば、車いすを利用しているご家族がいるのであれば、間口を広くできる親子ドアや両開きドアにするなどです。
玄関を明るい場所にしたいのであれば採光性が高い袖付き、お年寄りや小さなお子様がいるのであれば、開閉が比較的楽な引き戸タイプにするなどを選びましょう。

また、玄関ドアの素材も、木製、アルミ製といくつか種類があり、それぞれで特徴が異なります。
断熱性の高い木製のドアにするのか、耐久性の高いアルミ製のものにするのかも、家族と相談して自分たちの求める最善の玄関ドアを選ぶようにしてください。

玄関は住宅の印象を決定づけるものであり、家を使う人が必ずその都度使用する場所でもあります。
リフォームをする際は種類や使い勝手に注意して、自分たちに合ったタイプのものを選ぶようにしてくださいね。


  • f.light