リフォーム

リフォームでトイレをタンクレスに! メリットとデメリット

リフォームでトイレをタンクレスに! メリットとデメリット

トイレをリフォームするのであれば、水を溜めるタンクのついていない「タンクレストイレ」を導入することをおすすめします。
住宅のほかのお部屋と比べて確保できるスペースが小さめのトイレですから、タンクをなくして空間を有効活用しましょう。
ここでは、リフォームでトイレをタンクレスにすることのメリット、リフォームするなら知っておきたいデメリットについてご紹介します。

タンクレストイレのメリット

まずはタンクレストイレのメリットを見ていきましょう。

・トイレが広くなる
冒頭でも触れた通り、タンクレストイレにするとトイレ室内が広くなります。
タンク部分の面積が空くことでトイレスペースがかなり広く感じられるようになり、便器自体の大きさも控えめに感じられるようになり、室内の閉塞感が小さくなるでしょう。

・掃除がしやすくなる
タンクレストイレはタンクがない分便器の凹凸や陰になる部分が少なくなり、トイレ掃除がしやすくなります。
なにかと億劫になりがちなトイレ掃除のハードルがぐっと下がるでしょう。

・水を連続で流せる
タンク付きトイレの場合、タンクの中に水が溜まらないことには水が流せませんが、タンクレストイレは水道と便器が直結しているため、連続で水を流すことが可能です。

タンクレストイレのデメリット

タンクレストイレのデメリット

次にタンクレストイレのデメリットを見ていきましょう。

・手洗いを別に設置する必要がある
タンク付きのトイレの場合、タンクの上部に小さな手洗いを設置することができます。
しかし、タンクレスではタンクがないため、別に手洗いのための蛇口を設置する必要が出てきます。
洗面所と隣接していれば問題ありませんが、そうでない場合はトイレ室内に設けることになりますので、間取りを決める際はそのことに注意しておきましょう。

・停電時に使えなくなることも
タンクレストイレは電気の力で水を流します。
そのため、停電時に水を流せなくなることがあるので注意してください。
製品によっては電池で水を流せるようにするものもありますので、リフォームの際はそれらのものも検討してみてください。

・シャワートイレだけの交換ができなくなる
タンクレストイレはシャワートイレが一体型のデザインになっているので、設置後にシャワートイレ部分が故障しても、シャワートイレだけの交換ができません。
また、便座のみの故障であっても便座だけ交換というのも難しく、トイレ全体の修理をしなければなりませんので、その点についても覚えておきましょう。

タンクレストイレを設置したいのであれば、事前に家の水圧が、トイレの必要最低水圧を満たしているかどうか確認するようにしてください。水道直結のため水圧が低いと充分に水を流せなくなります。
トイレをタンクレスにしたいと考えているのであれば、水圧と、上で紹介したデメリットについて留意してから行うようにしてくださいね。


  • f.light