リフォーム

押入れをクローゼットにリフォームして使い勝手をよくしよう

押入れをクローゼットにリフォームして使い勝手をよくしよう

ライフスタイルに合わせて、押入れをクローゼットにリフォームしたいと考えている方も多いと思います。
押入れをクローゼットにリフォームすることで収納の使い勝手がよくなるものです。
自分たちのライフスタイルに合わせて、押入れをクローゼットにリフォームしましょう。
ここでは、クローゼットリフォームについてご紹介します。

中棚をなくす簡易的なリフォーム

押入れの中にある中棚(空間を上と下に分けている棚)を取り外し襖をドアにする、最も簡易的なクローゼットリフォームです。
ハンガーパイプを取り付けることで、洋服をかけられるようにできますし、さまざまなサイズの棚を新たに設置することで、帽子や靴下といったものも保管しやすくなります。
また、押入れはもともと奥行きがあるものですので、その奥行きを利用して、スライド式の引き戸棚を設置するのもいいでしょう。
下着やTシャツなど、分類ごとに仕分けることができるようになるのでおすすめですよ。
クローゼットに何を収納したいのか考え、リフォーム業者と相談しながらクローゼット内部の構造を考えましょう。

拡大してウォークインクローゼットに

押入れが大きかったり、押入れ周りのスペースに余裕があったりするようでしたら、ウォークインクローゼットにリフォームしてしまうのもおすすめです。
たとえば「和室をほとんど使わないから、部屋ごとリフォームしたい」と考えている方であれば、和室をすべてクローゼット空間にしてみてもいいかもしれません。
衣類が大量にあってもしっかり収納することができますし、鏡やライトを設置することで、その場で着用して着こなしをチェックできます。

また、広いスペースを利用して普段使わない家具などの保管をすることも可能です。
収納力のあるクローゼットが欲しいのであれば、ウォークインクローゼットにリフォームすることも視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。

クローゼットリフォームの注意点

パントリーを作る

押入れをクローゼットにリフォームする際には、押さえておきたい注意点がいくつかあります。

・床下の構造
押入れの床は、人が入ることを想定して作られていないため下地がしっかりと組まれていないことがあります。
特にウォークインクローゼットにリフォームしたいと考えている方は、床の補強工事が必要になることがありますので床の強度について事前にしっかり調べておきましょう。

・カビで内部が傷んでいることがある
押入れはカビなどが発生しやすい場所です。
リフォームの前に押入れ内部が傷んでいないかどうか、また、白アリなどの被害にあっていないかなどをしっかり確認しましょう。
結露が発生しやすい場合は、断熱材を入れるなどして対策をするようにしましょう。

使い勝手がよくない押入れはクローゼットにリフォームすることで格段に使いやすくなることがあります。
使わなくなった押入れがあるという方は、ここで紹介したことを参考にしてクローゼットリフォームをしてみてくださいね。


  • f.light