リフォーム

玄関すっきり! リフォームでシューズクロークを作る

玄関すっきり! リフォームでシューズクロークを作る

リフォームで収納スペースを増やそうとお考えの方は多いと思います。ウォークインクローゼットや床下収納など、収納にはさまざまなタイプがありますが、案外見落としがちなのが、玄関の収納です。
玄関はなにかと物が多くなってしまうものです。玄関がごちゃっとしていると、家そのものの印象が悪くなってしまいがち。玄関はすっきりさせておきましょう。
そこでおすすめなのが、シューズクロークです。ここでは、玄関をすっきりさせることができるシューズクロークについてご紹介します。

シューズクロークとは

シューズクロークとは、玄関内部の脇などに設置する収納スペースのことです。一般的に、玄関の床からつながる小部屋になっています。シューズクローゼットとも呼ばれ、収納力に優れているのが特徴です。
靴を収納できるのはもちろん、傘やアウトドアグッズといった、外で使う物をしまっておくことができます。
なにかと物で溢れてしまう玄関をすっきりさせられる収納です。

シューズクロークの活用法

シューズクロークのメリットは、下駄箱と違い、靴以外のさまざまな物を収納できるという点でしょう。

・ベビーカーなども収納できる
小さなお子様がいるご家庭であれば、ベビーカーは収納場所に困るものだと思います。室内のクローゼットにしまっておくと外出時に大変ですし、玄関に置いておくと場所を取ってしまい玄関が狭くなります。だからと言って玄関の外に置いておくのも不安です。
シューズクロークであれば、ベビーカーの収納が可能で、外出時にもすぐに使用することができます。玄関が狭くなることもありません。

・自転車置き場になる
ベビーカー同様、シューズクロークには自転車を収納することができます。外に置いておくと、盗難などの心配がありますが、シューズクロークは家の内側にありますので、盗難の心配もありません。

・帽子やレインコートを収納できる
帽子は基本的に外出時にかぶるものです。そのような帽子をシューズクロークにしまっておくことで、外出時にさっとかぶることができ便利でしょう。
また、レインコートなどもしまっておくと、玄関を出て雨が降っていることを知ったときなどにも、室内に上がることなくレインコートを着用できます。

1畳あれば充分大きなシューズクロークになる

スペースが限られている玄関に、シューズクロークを設置するのはかなり難しいことであるように感じる方も多いと思いますが、シューズクロークはそれほど広い面積を必要としません。一般的に、1畳分のスペースがあれば充分広いシューズクロークであると言えます。
玄関横の部屋に玄関から直接出入りできる扉をつけて、その部屋の一部をシューズクロークとして利用するというのがリフォームの際のポイントになります。
玄関を区切って作るのではなく、玄関の横の部屋やスペースに収納小部屋を作り、扉でつなげるという発想を持てば、充分なスペースは確保できますよ。

1畳あれば充分大きなシューズクロークになる

シューズクロークを作ることで、玄関をかなりすっきりさせることができます。リフォームで収納を増やしたいとお考えの方は、ここで紹介したことを参考にして、シューズクロークの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


  • f.light