リフォーム

リフォームで設置する人も増えている! 雨戸の種類やメリット

リフォームで設置する人も増えている! 雨戸の種類やメリット

日本家屋には必ずといっていいほど設置されていた雨戸。最近では設置している家はめっきり少なくなりました。
しかし雨戸には、雨をしのぐこと以外にも多くのメリットがあることから再び注目され始め、また洋風の住宅にも似合うデザインの製品が増えてきたころから、徐々に雨戸の人気が高まりつつあります。
ここでは、再び注目されつつある雨戸の種類やメリットについてご紹介します。

雨戸とは

雨戸とは、主に雨風を防ぐ目的で窓の外側に設置する建具のことです。引き違いのタイプのものが主流でしたが、近年では縦に開閉できるシャッタータイプのものも増えています。
かつては日本家屋に合った木製のものが一般的でしたが、最近は洋風の住宅にも似合うようアルミ製の雨戸も多くなっています。

雨戸の種類

雨戸には大きく分けて3つの種類があります。それぞれ見ていきましょう。

・引き戸タイプ
古い日本家屋で使われていた、最も基本的なタイプな雨戸です。戸袋があり、そこから戸を引き出したり、戸をしまったりして開閉します。開閉時に手間がかかることからあまり好まれなくなり、最近では目にする機会が少なくなりました。

・シャッタータイプ
現在、最も人気が高いタイプの雨戸がシャッタータイプです。蛇腹状の雨戸を上下に動かし開閉します。開閉に手間がかからず、またボタンひとつで開閉できる電動式のものもあり、お年寄りや小さな子どもでも楽に開閉できることから、人気が高まっています。

・折り戸タイプ
雨戸が外側に向けて折れ、両開きになるタイプの雨戸です。その形状から、最も洋風の住宅に合うタイプの雨戸と考えられています。外見もオシャレで、若い方からの人気が高い雨戸です。

雨戸のメリット

雨戸はもともと雨風を防ぐための建具で、台風などの際にガラス戸が割れてしまわないようにする目的がありました。しかし、雨戸の持つ効果はそれだけではなく、設置することにはほかにもいろいろなメリットがあります。

・防犯効果がある
最近ではアルミなど金属製の雨戸も増え、また鍵付きの雨戸も多くなったことから、設置することで住宅の防犯性が高まるというメリットがあります。
ほかにも火災などがあった際にも、雨戸が火の侵入を妨げてくれるなど、万が一のことがあったときに住宅を守ってくれる効果があるのです。

・防熱、防寒
窓と雨戸の二重構造になることから、防熱、防寒効果を得られるのも雨戸設置のメリットです。防熱、防寒になることで室内の温度を安定させやすくなり、エアコンの効率がよくなるなど省エネ効果を期待できます。

・防音
窓と雨戸の二重構造は、外の騒音が室内に侵入してくるのを防ぎます。また、部屋の中で音楽を聴きたいときなどに雨戸を閉めることで、外に音が漏れません。このような防音効果を期待できるのも、雨戸設置のメリットです。

リフォームで設置する人も増えている! 雨戸の種類やメリット

雨戸といえば古い日本家屋についているもの、というイメージが強いかもしれませんが、デザイン性の高いものも増えていますし、たくさんの効果があることから近年リフォームで雨戸を設置する方が増えています。
住宅のリフォーム検討中の方は、雨戸の設置について考えてみてはいかがでしょうか。


  • f.light