リフォーム

夏は涼しく冬は暖かく! 断熱リフォームで快適な我が家に

夏は涼しく冬は暖かく! 断熱リフォームで快適な我が家に

季節ごとに影響を受けやすい住まいだと、暑い夏や寒い冬には過ごしづらい家になってしまいます。
また、エアコンが効きづらいことで、光熱費もかさみがちですね。

そこで役立つのが「断熱リフォーム」です。リフォームで断熱性を高めるにはどのような方法があるのでしょうか。
比較的手軽にできる断熱リフォームの方法をご紹介します。

手軽にできて効果が高い! 「窓」の断熱リフォーム

すべてを最高にするのは難しい

冬に家の中の熱が外に流出したり、夏に外の熱が家の中に流入したりするのは屋根や床、外壁などからもありますが、最も割合が高いのは窓や扉などの開口部であることがわかっています。
開口部からの熱の流出入の割合は、冬は58%、夏は73%にも上ります。
つまり、窓の断熱性能を高めることは、住まいの断熱性の向上に大きく役立つのです。

また、窓の断熱は、断熱リフォームの中でも比較的手軽におこなえるものだと言えます。
窓の断熱リフォームには、以下のような方法があります。

・ガラスの交換
現在の窓をそのまま生かして、ガラスを複層ガラスなど断熱性能の高いガラスに交換するリフォームです。
アタッチメントを使用することで、サッシを交換せずに複層ガラスを取り付けることが可能です。

・サッシの交換
ガラスのみの交換に比べやや大がかりで費用もかかるリフォームですが、サッシを断熱性の高い樹脂サッシに交換するという方法もあります。
日本の住居で多く使用されているアルミサッシは熱を伝えやすく、結露しやすいという問題があります。
複層ガラスに合わせて、サッシを樹脂素材のものに交換することでさらに窓の断熱性が高まります。

・内窓の取り付け
今ある窓の内側に、もう一つの窓(内窓)を設置して二重窓のするリフォームです。
手軽に設置できてどんな場所の窓にも対応しやすいため、ガラスや窓自体の交換が難しい場合に便利です。
二重窓にすることで、断熱性能が高まるだけでなく、遮音・防音性能が高まるというメリットも得られます。

「屋根裏」や「床下」に断熱材を吹き付けるリフォーム

夏に2階が暑い家であれば屋根裏の断熱リフォーム、冬に足元が寒い家であれば床下の断熱リフォームが効果的です。
屋根や床、外壁を取り外して断熱材を入れるとなると、工期も費用もかなりかかってしまう大がかりなリフォームとなりますが、屋根裏や床下から吹き付けるタイプの断熱材を使用するリフォームであれば、家に住みながら1日で施工することが可能です。

吹き付けタイプの断熱材は隙間を埋めるため気密性を高めるだけでなく、耐湿性が高いため結露やカビが発生しづらくなるというメリットもあります。
住まいの断熱性を高めるリフォーム方法についてご紹介しました。
断熱リフォームは目に見える部分が変わるわけではないため地味に思われがちですが、住まいの快適さを格段に高めてくれるリフォームです。

自宅で夏の暑さや冬の寒さ、エアコンの効きづらさなどを感じているという方はご検討なさってみてはいかがでしょうか。


  • f.light