リフォーム

「減築」という新しい形? 最近流行っている減築リフォームとは

「減築」という新しい形? 最近流行っている減築リフォームとは

最近では「減築」というリフォームを行う方が増えています。
減築とは利用しているスペースを減らしたり、2階建てを平屋にして、部屋数を減らすものです。

ここでは、減築リフォームの概要とそのメリットをご紹介します。

減築リフォームがなぜ増えているのか?

減築リフォームが増えている理由として、核家族化や高齢化社会が進んでいることが考えられています。
実際に、減築リフォームは子どもが独立して、2人で暮らすようになった高齢の夫婦が行うケースが一般的であるためです。

使わなくなった子ども部屋をなくして床面積を少なくしたり、使用しなくなった部屋をなくして他の部屋を広くするといった目的で減築リフォームは行われます。
減築リフォームを行うことで、普段使用している部屋の快適さを上げるだけでなく、節税対策につながるメリットがあります。

減築リフォームのメリット

減築リフォームのメリット

減築リフォームを行うことでさまざまなメリットが得られます。

・生活動線が改善され、バリアフリーにつながる
使わない部屋を減築し間仕切りや階段を減らすことで、生活を送る上で移動する距離が短くなったり、転ぶ危険性を減らすことができます。
これは介護者にかかる負担を軽くすることにもつながるので、減築リフォームは高齢者にも介護者にも優しい家を作ることができると言えるでしょう。

・固定資産税が安くなる
減築リフォームによって、床面積や敷地面積が減る場合もあるため、税金が安くなります。
税金は、床面積や敷地面積に対して一定の比率でかけられているので、減築リフォームすることは、節税対策につながるのです。

・風通しや日当たりが良くなる
減築リフォームは、家の周りにスペースができる場合もあるため、日当たりや風通しが良くなります。
日当たりや風は、家の向きや隣の建物に影響を受けるもの。減築リフォームをすることで、これまで隣の家との距離が近く、部屋の奥まで日が差し込みやすくなります。
さらに風通しも良くなり、快適な空間となるでしょう。

隣の家と自宅との間にスペースができれば、そこをガーデニングや家庭菜園にできます。
趣味のスペースが確保されることは、より充実した老後の生活につながると言えるでしょう。

・耐震性が向上する
家が軽いほど、耐震性が上がります。減築リフォームを行って家全体の重さを下げることで、地震に強くなると言えます。
特に2階建ての家は、2階を減らし平屋建てにすることで、家が軽くなるだけでなく、重心が低くなるため、耐震性が上がり安全な家になるでしょう。

減築リフォームでは、使われなくなったスペースをなくして、居住者の行動範囲に合った家を作ることを目的としています。
安全性を上げて、より充実した生活を送りたいという方は、減築リフォームがおすすめです。
「子どもが家を出て部屋が余っている」という方は、減築リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?


  • f.light