二世帯住宅

火事以外でも使える! 火災保険の有効活用法

火事以外でも使える! 火災保険の有効活用法

火災保険というと、火事に備えるものというイメージがあります。しかし火災保険は、火事以外の自然災害を広くカバーしている保険でもあります。日本は台風や豪雨など、自然災害が多い国です。今回は、火災保険の火事以外での使い方についてご紹介しましょう。

火災保険とはどんなもの?

火災保険とは、建物と建物の中にある家財を守るための保険のこと。「火災」とついていますが、「突発的な出来事による被害を原状回復」するものなので、火事だけでなく落雷、台風、水害、水漏れ、破裂・爆発、盗難など、住まいに関するあらゆるトラブルを広くカバーする保険です。
ただ、家と家財すべてに保険をかけるとなると、保険料が高くなりますので、自分で「これだけは」というものを選んで保険をかけることになります。地震にともなう被害は火災保険では補償してくれず、別に地震保険に入る必要があります。
火災保険は、家や家財のダメージ度合に比例して支払われます。全壊であれば全額ですが、半壊や一部損壊であれば被害の割合に応じて支払われる仕組みです。
無駄なく補償してもらうためには、保険価額についても知っておきましょう。
加入している火災保険が「新価」や「再調達価額」であれば、被害を受けた家と同じものを新築するだけの金額を、「時価」であれば被害を受けた時点での家の金額が、契約した保険金額内で支払われます。
時価だと保険の負担は軽くなりますが、万が一の時の金額が少なくなるので、現在は新価の契約が多くなっています。

火災保険は守備範囲が広い!

火災保険は家財も補償してもらえますが、その場合は建物とは別に家財にも保険をかける必要があります。
火災保険の多くが火災、落雷、破裂、爆発に対応していますが、これにオプションで風災、雪災、水災、水濡れ、盗難、物体の落下・飛来、家財への補償などを加えることができます。
こうしたオプションを付けておけば、火災だけでなく、台風や豪雨で家に被害が出た場合はもちろん、落雷で家電製品が壊れたり、空き巣に入られて家財を盗まれた場合にも保険が使えます。
ほかにも、子どもがテレビを倒してしまった、雛人形が落下して首が取れた、飼い犬が通行人に噛みついてケガをさせた、コーヒーをこぼしてカーペットが汚れた、スポーツの試合中に相手にけがをさせた、など、あらゆる「しまった!」に対応してくれるのです。

火事以外でも使える! 火災保険の有効活用法

意外!? 保険金の使い方に決まりはない

火災保険の趣旨は原状回復ですから、たとえば台風で屋根瓦が飛んだ場合、修理の見積もりはもともとの屋根の工法で取られます。風害に強い別な工法があるとしても、もとの工法と違えば保険は認められません。
ですが、最近の火災保険は修理後の写真や領収書を求めるものは少なくなっています。報告が不要な火災保険なら、下りた保険金をどのように使うかは自由ですから、保険金に追加費用を払って希望通りの工法にしてもらうことはOK。
つまり、火災保険をうまく使えば、軽い負担でリフォームが可能になるのです。
経年劣化に伴う損傷には保険を使うことはできませんが、今までに突風や大雨などなんらかの災害のダメージを受けている可能性もゼロではないので、「建物の修理が必要かな」と思ったら、火災保険の使用を考えてみてもいいでしょう。

火災保険は、何も火事でなければ使えないというものではありません。また、下りた保険金の使い道には決まりもないのです。せっかく加入している火災保険ですから、活用できるときにはしっかり活用しましょう。


  • f.light