二世帯住宅

二世帯住宅には3種類ある? それぞれの特徴とメリット

二世帯住宅には3種類ある? それぞれの特徴とメリット

二世帯住宅へのリフォームを検討している方は多いのではないでしょうか?
二世帯住宅には種類があるため、検討されている方はそれぞれの特徴を事前に理解しておいたほうが良いでしょう。
ここでは、二世帯住宅にリフォームする前に知っておくべき、二世帯住宅の種類とそれぞれのメリットについてご紹介します。

二世帯住宅が増えている?

近年、二世帯住宅へのリフォームが増加傾向にあると言われています。
これは「両親と一緒に住みたい」という理由はもちろん、「老朽化した家をリフォームしたほうが予算を抑えられる」といったメリットがあるためと考えられています。
またリフォーム技術の発展によって、住宅の性能や耐震性の向上を望めるようになったことも、その一因として挙げることができるでしょう。

二世帯住宅の種類

二世帯住宅の種類

一口に二世帯住宅と言っても、いくつかに種類が分けられそれぞれにメリットがあります。
種類によって間取りの考え方が変わってくるので、事前に理解しておくことが大切です。

■ 完全同居型(同居型二世帯住宅)
キッチンやリビングを共用して使用する一方で、寝室や個人の部屋はそれぞれ確保されている住宅を指します。
二世帯住宅の中で最も共有部分が広いのが特徴です。

完全同居型二世帯住宅は、1階に二世帯の共用部分を配置するのが一般的です。
このため1階には玄関・リビング・キッチン・浴室・トイレが配置され、2階にはそれぞれ個人の部屋や寝室が配置されます。

<完全同居型のメリット>
・建築費用が抑えられる
・土地を有効的に活用できる
・相続税の節税につながる
・世帯間の距離が近くなり家族で楽しく暮らすことができる
・介護などで親から目が離せない場合に安心できる

■ 部分共用型(共用型二世帯住宅)
親と子の各世帯の希望や状況から、設備の一部を共有するものです。
「玄関のみ共有する」「玄関と浴室のみ共有する」など、さまざまな間取りが作成・選択できます。

<部分共用型のメリット>
・間取りを自由に設定できる
・土地を有効的に活用できる
・各世帯が近すぎず遠すぎない、程よい距離感で生活できる

二世帯住宅と言っても、間取りの作り方はさまざまあり、それぞれにメリットや使い方の特徴があります。
自分のライフスタイルや、親世帯のライフスタイル、健康面などをふまえて検討しなければいけません。
理想的な二世帯住宅を作りたいと考えるのであれば、専門家に相談することが大切です。


  • f.light